ゴミ屋敷バスター七福神 一人暮らし女性

ゴミ屋敷清掃の専門業者さんに頼んだ訳

コロナ禍でゴミが増えています。

 

特にプラゴミが増えています。

 

背景には外食を控えるや在宅勤務で自宅で過ごす
ことが長いからと思われます。

 

テイクアウトの容器やカップ麺の容器、コンビニの
袋など、プラゴミはゴミ類の中でも多いですよね。

 

リサイクル業者「日本容器リサイクル協会」によると
契約している全国の自治体からのプラゴミの引き受け
量は、2020年度、この10年でも最多水準で推移している
そうです。

 

地域によりゴミの収集は違いますが、
私の地域では、プラゴミは週に1回のみ

 

45リットルのゴミ袋がいっぱいになります。
これでも、少ないほうです。

 

洗って、水を切って捨てますが、暑くなると
臭いの発生とコバエが寄る原因になります。

 

忘れると後が大変なので、
必ず、この週1のプラゴミの日は捨てます。

 

ゴミ屋敷バスター七福神 一人暮らし女性

 

同じプラでもペットボトルがあります。

 

捨てるのに手間がかかります。
一番面倒な分別ゴミがペットボトル

 

私の地域では、
ペットボトルの収集は、2週間に1度です。

 

このペットボトルですが、
ラベルとキャップを外し洗って水切りをして、
潰してゴミ袋に入れます。

 

しかも
ペットボトルのラベルやふたは、プラゴミの別の日
捨てます。意外に結構な量なんです。

 

暑くなると、飲む量が増えるので増えます。

 

ベランダに一時的に置くと、コバエや
蜂まで寄ってきます。

 

国内のペットボトルのリサイクル率は85.8%に達して
います。

 

元気だとまだ捨てに行くのも平気ですが
高齢だと足腰の痛みもあります。

 

コロナ禍でもありますよね。

 

ゴミ屋敷清掃する専門業者さんに頼んだ訳とは

 

実家の両親は高齢で入退院を繰り返していました。

 

足腰が悪い母とアルツハイマー病になっいた父
どちらもゴミ捨てが大変でした。

 

気になるのがゴミです。

 

帰るたびにゴミを捨てていました。
捨てにくい物程、溜まっています。

 

とうとう最後は、ゴミ屋敷を清掃する
専門業者に頼みました。

 

小規模のゴミ屋敷をスピード清掃、女性も安心♪

 

特に女性、ひとりでも頼みやすく、料金も分かりやすいです。

page top